色を味方につけてセルフパワー・恋愛運を上昇させる



不思議なもので、特に気のない相手には普通に接することができ、好意を持った相手には、なぜかシドロモドロになってしまいます。
照れもありますし、相手に好いてもらいたいと思う気持ちが、失敗を見せたくないという心理状態にさせ、緊張して何もできなくなってしまうのです。

色を味方につけてセルフパワー向上

たとえば、真黒な部屋で、黒いお化粧に黒い服、黒い口紅で、真剣な恋愛の話をしても、明るい前向きな恋の話は難しいでしょう。 薄ピンクの部屋で白いスカートにオレンジ色のカーディガンで明るい印象を相手に与えれば、恋の話も弾むはずです。
このように、自分自身も、そして外部環境でも色を味方に付けることで、普段自分が成し遂げられない事でも乗り越えられる可能性が高まります。
私はこのことを「色の援用」と名付けております。
ここ一番の時に「勝負服」を着て挑むという話を聞きます。過去にその服を着て挑んだ時、よい結果をもたらしたというトラウマもありますが、多くの場合は 色を強調しているケースが多いようです。勝負服=赤いスーツなどですね。
そこで、もし男性との距離を縮めたいと思うなら、色を味方に付けるべきだと考えます。

気になる相手に好印象を持ってもらう色

薄いピンク・ベージュが効果的です。
もちろんお相手の方の性格やその日の気分もありますが、薄いピンクは恋を象徴し心弾む春の色として、あなたを新鮮で清潔な印象に援用してくれるでしょう。
ベージュは大人の色として、安定感と安心感を与えます。この二つの色は同時には身につけないでください、相手の方が、落ち着いた異性を求めているようならベージュを。もし若々しさと明るさを求めているのなら薄いピンクを中心とした選択をしたほうがよいでしょう。
ベージュとピンクはバッティングし、俗にいう「おばさんカラー」になってしまいます。相手の方が「おばさん好み」ならよいのですが・・・。
ピンクには白系、ベージュには紺系などが、過去にカウンセリングした際に好印象だったようです。

合コンでさりげなく目立つ色

紺色・ベージュが効果的です。
紺色はまじめで知的な印象を与えます、合コンというだけで軽い気持ちが漂う環境の中で、落ち着いた知的な印象は周囲の方よりも好印象を与えるでしょう。
ベージュは、上記で説明したとおりです。
合コンというのは、軽い気持ちで来る人もいれば、慎重に真剣な交際を求めてくる方もいます、そのようにエネルギーが混在している環境の中では、あなたがアピールしたい自分自身のカラーを周りに飲み込まれないようにすることが重要です。
たとえば、真面目な交際を求めてきたのに、周囲が軽く、自分まで軽く見られてしまう。。。そんな事があってはなりません。そのため、自分自身が表現したいカラーをじっくり考え、それを援用してくれる色の服やアクセサリーを身につけましょう。

デートで、距離感を縮める色

押せば引く、引けば来るの法則があるように、宇宙の一部である人間ににも引力や波動の力が備わっています。たとえば、「イヤ」とか「ダメ」と言われると男性は特に苛めたくなるようです。
たとえば、デートに露出が多い服、赤やピンクなどの服を着込むと、男性は誤解しやすくなりますが、時間がたつと刺激になれ、デートが終わるころには「面倒」という二文字が頭に浮かぶようです。逆にせっかくデートしてるのに、控え目で紺や白の清楚な服で挑むと、逆に男性は「どうしたら今日落とせるのか?」という思考回路に変化します。
必ずしもあなたの気持をストレートに示すような演出は控え、相手が自分を求めいるようなら、あえて逆の服装で挑み、言葉や態度は思わせぶりなそぶりを見せるのが最も効果的と言えそうです。
ここまで来ると、色の話ではなくなってしまいますが、是非参考にしてみてください。

Copyright(C)revives. All Rights Reserved.